AshleyMadison(アシュレイマディソン)にサクラはいる?評判は?データ流出でサクラがバレてたw

出会い系チャットサイト「AshleyMadison(アシュレイマディソン)」にサクラや業者はいるのか?調査してみたので、実態を暴いていきます。

本記事の内容

「AshleyMadison(アシュレイマディソン)」のサクラ詐欺を暴く

結論:AshleyMadison(アシュレイマディソン)はサクラ詐欺サイト

「人生は一度だけ。不倫しましょう」

そんなインパクトのあるキャッチフレーズで一時は、全世界で会員数が3600万人を超える一大ブームとなっていた不倫サイトです。なんと昔は日本の芸能人も使っていたとか・・・。

ただ、2015年に情報が流出して、なんと女性の約90%がサクラだったということが明らかとなりました。

AshleyMadison(アシュレイマディソン)の調査結果
会える度
(1.5)
サクラの数
(5.0)
チャット頻度
(3.0)
おすすめ度
(1.0)

 

もうサクラに騙されない!

“本当に出会える”サイトは何なのか?実際に出会った人に調査して徹底分析しました。出会いを求めてる人は【無料Pt特典中】出会えるサイト3選をご覧ください。

AshleyMadison(アシュレイマディソン)にサクラがいる証拠

ハッカー集団がサクラを暴いていた

こちらの東洋経済オンラインの記事(https://toyokeizai.net/articles/-/149968)によると、

2015年7月、AshleyMadison(アシュレイマディソン)のサイトのあり方に反発し永久閉鎖を求めるハッカー集団「Impact Team」がサイトをハッキング。同年8月には、登録会員およそ3200万人分もの個人情報がダークウェブ上に公開されるという事件が発生したそうです。そして、、、

さらにこのハッキング事件をきっかけに、以前から同サイトに噴出していた疑惑も明るみになる。

登録されていた女性会員のうち、かなりの数に上るアカウントが架空のものであり、「フェムボット」と呼ばれる女性ユーザーを装うプログラムによって男性会員との会話を偽装していたというもの。

ハッキングしたImpact Teamの調査によれば、女性会員のおよそ90%が偽者=サクラだったという。

なんとなんと、実際の女性はわずか10%で、会員の約95%は実は男性だったことが明るみとなってしまったのです。この事件から経営陣が変わりサービスを一新して、今もなおサイトが生き残っているということです。

レビューは最悪

Apple Storeのレビューは見事に★1・2が多いです。

ぼったくりです

ここまで酷いボッタクリサイト初めてです。

これは授業料として勉強させてもらいました。僕みたいなボッタクリ被害者をこれ以上作りたくないのでレビューを書きました。

レビューもパトロールされてるのか

都合の悪いレビューは消されるらしい。これは運営会社の体質ですね。

くそサイトかな

マイナス評価の満点です。

費用はバカ高いし、三文芝居の「会いたい、ドキドキしちゃう」なんてバカなサクラと、チャットで更にクレジットを消費させようとするサクラなど、クサイ演技のクソサイトですね。

これなら、イククルがまだマシですな。

意味わかんない和訳の紹介文を読めばスグに頭の程度がわかりますから注意です。

その前に登録すら、オススメしません。

利用規約も確認してみた

さすが、過去に全世界で3600万人の会員を抱えていたサイトなだけあって、利用規約は問題ないように見えました。なのでこのあたりを考えると、当サイトで紹介している「サクラ詐欺サイト」に比べるとだいぶ健全です。ちょっと見てみましょう。

まず、この規約は健全ですね(商売であれば当然なんですが・・・苦笑)。

すべてのユーザーに対し、本プラットフォームを通して購入したあらゆる購入品について、その理由を問わず購入日から14日以内にキャンセルする権利を付与しており、(中略)

クーリングオフは、一定の契約に限り、一定期間、説明不要で無条件で申込みの撤回または契約を解除できる国に認められた法制度です。なので「つい、サイト内で課金しちゃった!でも取り消しにしたい!」という場合、14日以内であれば、そのお金の一部が返ってくるということです。

このあたり、他のサクラ詐欺サイトだと「責任は一切持ちません~」という風に書かれていることがほとんどなので、このあたりはかなり健全です

本サービスを利用するには、18歳以上であるほか、居住する管轄にて定められた成人年齢・性的同意年齢に達していなければなりません。

きちんと18歳以上でなければ、使っちゃダメという記述もあります。

AshleyMadison(アシュレイマディソン)にいるサクラの名前一覧

今回の調査結果で判明したサクラの名前です。まだまだこちらは一部情報ですので、これ以外にもサクラ情報を知っている方は、ぜひ記事下のコメント欄で教えていただけると助かります。

  • かりな
  • ayk

実際にこんな感じに適当に登録してみたら、さっそくメッセージがきました。

んー、、、なんとも不自然な日本語・・・。もとが海外のサイトなので翻訳して違和感のある日本語になっているのでしょう。

AshleyMadison(アシュレイマディソン)の料金体系

AshleyMadison(アシュレイマディソン)はメッセージを送ろうと思うと最初から有料です。

100クレジット7,900円
500クレジット20,000円
1000クレジット30,000円

ひとつメッセージを送るのに5クレジット(約395円)かかるみたいです。

高い・・・。なかなか攻めた価格ですね。

メッセージを送ろうとすると、こんな感じにカウントダウンで課金を迫られるようになっています。サクラサイトの常套手段なのでご注意を。

AshleyMadison(アシュレイマディソン)の退会方法

サクラサイトにアカウントが残っていると気持ち悪いと思うので、退会方法も紹介しておきます(簡単です)。なんと以前までは、アカウント削除にもお金がかかっていたそうです汗。いまは、無料でアカウント削除できるようになっているのでご安心を(僕も無料で退会できました)。

STEP.1
設定

STEP.2
アカウントを削除

STEP.3
「アカウントを完全に削除する」を選択

以上です。

そもそも、個人が特定できるような情報(住所やメールアドレスなど)が不要なアプリなので、個人情報の漏洩の心配はありませんね。アカウントが残っていても、まぁ問題はないと思います。

AshleyMadison(アシュレイマディソン)はサクラ詐欺サイト!登録・課金は一切しないように!

今回はチャットサイト「AshleyMadison(アシュレイマディソン)」のサクラ詐欺を暴きました。

  • 過去にハッカーにサクラサイトであることを暴露されていた
  • レビューは★1だらけで最悪
  • アカウント登録後すぐにメッセージがくる
  • 料金バカ高い

ハッカーにサクラが暴露されたのにもかかわらず、いまもなお運営されてるって凄いですねw

健全化して本当に出会えるサイトになっていくことを願います・・・。無料で使っていた方は、ぜひアカウント削除を。有料課金してしまった方は、失ったお金を諦めずにぜひ一度、法律事務所に相談してみましょう。

 

出会いを求めている人はこちらの記事を参考にしてみてください。

実践済みの”本当に出会える”出会い系を厳選して3つ紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です